伝統工芸士

江戸切子を含む伝統工芸品は主要工程が手づくりであり、高度の伝統的技術によるものであるため、その習得には長い年月が必要となります。
伝統工芸品の製造に従事する技術者のうち、高度の伝統的技術・技法を保持する者が伝統工芸士として認定し、称号を授与されます。
江戸切子の伝統工芸士として東京都から18名のみが認定登録されています。
(財)伝統的工芸品産業振興協会が認定登録している伝統工芸士は、4,592名です(平成18年2月25日現在)が、江戸切子の伝統工芸士として東京都から認定されているのは、そのわずか18名です。

根本 幸雄【伝統工芸士】

1936年 東京都出身
1980年 伝統工芸新作展入選 以降入選20回
伝統工芸展入選 以降入選15回
1984年 日本のガラス展出品 以降出品5回
1988年 コーニング美術館 New Glass Review 9 選定
東京都知事より「伝統工芸士」認定
1989年 伝統工芸七部会展 文化庁長官賞受賞
1991年 伝統工芸江戸切子新作展 鑑査委員
伝統工芸七部会展 日本工芸会賞受賞
江戸切子新作展 最良賞・特別デザイン賞受賞
個展開催(日本橋三越) 以後開催5回
1997年 伝統工芸七部会展 鑑査委員
2001年 江戸切子新作展 中小企業理事長賞受賞
2004年 江戸切子新作展 東京都労働経済局長賞受賞
2006年 現代の名工(卓越技能章) 厚生労働大臣賞受賞
2007年 江戸切子新作展 東京都知事賞受賞
2009年 黄綬褒賞受賞
日本工芸会正会員、日本カラス工芸協会正会員

尾形 卓司【伝統工芸士】

1950年 東京都江東区出身
1966年 父、尾形庄吉に師事
1984年 江戸切子の創作活動に入る
1985年 東京都伝統工芸品指定
1988年 江戸切子新作展入選 以降毎年入選
1997年 江戸切子新作展 理事長賞受賞
2002年 東京都より「伝統工芸士」認定

根本 達也【伝統工芸士】

1983年 伝統工芸武蔵野展 入選
1985年 伝統工芸七部会展 入選
伝統工芸新作展 入選
1989年 日本伝統工芸選抜展 出品
1991年 江戸切子新作展 実行委員長賞 受賞
1992年 江戸切子新作展 理事長賞 受賞
1993年 江戸切子新作展 理事長賞 受賞
2002年 江戸切子新作展 理事長賞 受賞
2003年 江戸切子新作展 江東区優良賞 受賞
2004年 江東区優秀技能者賞認定
2007年 (財)伝統的工芸品産業振興協会より伝統工芸士に認定

商品一覧・ご注文はこちら 硝子工房 彩鳳オンラインショップへ

↑ページの上部へ戻る