彩鳳の文様

彩鳳では、瑠璃や紅の切子が中心の今日、江戸時代の淡い紫にこだわってきました。
当時の硝子は不純物が多く含まれていたと考えられ同じ色を表現することは不可能でした。
幾度もの試行錯誤の末に当時を彷彿させる風合いの紫色を再現することに成功しました。
果実文様は、中国から伝わり、日本的に文様化されたものがほとんどですが、葡萄はたくさんの実がなることから子孫繁栄の象徴として尊ばれていました。
切子工芸士「林恒司」が寸分違わぬ職人芸と、巧みな表現力で繊細な切子の葡萄文様を現代風に仕上げています。

葡萄文様

写真拡大

桜文様

写真拡大


薔薇文様

写真拡大

鉄線文様

写真拡大


秋草文様

写真拡大

はまなす文様

写真拡大


商品一覧・ご注文はこちら 硝子工房 彩鳳オンラインショップへ

↑ページの上部へ戻る